陶芸で使用する主な道具|兵庫県尼崎の陶芸教室 もんた工房

〒660-0862 兵庫県尼崎市開明町1丁目17
携帯:080-6109-8239(もりかわ)
電話:06-6417-3303
営業時間:10時00分~21時00分

陶芸教室 もんた工房

  • ホーム >
  • 陶芸で使用する主な道具

陶芸で使用する主な道具

趣味で陶芸をしてみようと思った時に、陶芸に必要な材料や道具の知識のない素人同然の人が、陶芸で使用する主な道具を準備するのは大変で時間も掛かります。まずは、1日陶芸体験が出来る陶芸教室などで陶芸体験をしてから、道具を準備することをおすすめします。陶芸に必要な材料や道具について事前にチェックしていても、材料である土や使用する道具には沢山の種類がありますので、どれを選べばよいか迷ってしまいます。ここでは陶芸で使用する主な道具についてご紹介します。

【成形道具】

・ 練り板(粘土を練るときに下に敷く板) 
・ ろくろ(粘土を回転させる道具。電動ろくろや手ろくろがあります)
・ 亀板(ろくろの回転部分に取り付けることが出来るので、亀板ごと移動することが可能)
・ たたき板(粘土の塊や成形中の粘土の表面を叩いて粘土を締めたり、模様をつけたりするときに使用)
・ こて(各部分の形を整えたり、手の届かない部分を成形するときなどに使用。種類が豊富)
・ へら(粘土を削り取るときに使用。かきべらや細工用の木べらなど種類が豊富)
・ ささら(器の表面や口縁を滑らかにするときに使用)

【絵付け道具】

・ 筆(釉を塗ったり、下絵や上絵を描くときに使用)
・ スポイト(釉を盛るようにして描く道具)
・ 小皿(絵の具などを小分けにして使用)

【焼成道具】

・ 窯(素焼き、本焼きをするための道具)
・ 棚板(窯に作品を入れるときに、作品を並べる棚)
・ 長火ばし(窯の置くにある作品を動かすための道具)

陶芸を始める前にこれだけの道具をすべて準備するのは大変で時間も掛かるので、陶芸を「難しそうだな」と思ってしまう人も中にはいらっしゃると思います。
兵庫県尼崎市周辺や大阪周辺にお住まいの方で、「陶芸体験をしたい」「陶芸教室の受講生になりたい」などご希望の方は、もんた工房をご利用ください。
もんた工房では出張陶芸教室も行なっており、企業や老人ホーム、お友達など大勢で気軽に陶芸体験をしたい方におすすめです。
出張陶芸教室や陶芸体験についてのお問い合わせはお気軽にお電話ください。