結婚式・披露宴の準備の進め方|兵庫県尼崎芦屋の陶芸教室 もんた工房

〒660-0862 兵庫県尼崎市開明町1丁目17
携帯:080-6109-8239(もりかわ)
電話:06-6417-3303
営業時間:10時00分~21時00分

陶芸教室 もんた工房

  • ホーム >
  • 結婚式・披露宴の準備の進め方

結婚式・披露宴の準備の進め方

bridal 陶芸品をブライダルの場でプレゼントとして扱うことも多いです。もんた工房でも結婚される2人に5つのコースをご用意しています。プレゼントに悩まれている方は、ご検討ください。
こちらでは、結婚式や披露宴を迎える際の事前準備とその進め方をご紹介しています。準備をする時期や進め方は人それぞれ違ってきますが、ご参照ください。

結婚式や披露宴を迎える際の事前準備とその進め方

1年前から半年前

結婚式や披露宴の準備は時間がかかるものです。そのため、できるだけ早めに始めた方がいいでしょう。 結婚することになったら、まずは両親への挨拶をし、結納や会食などで互いの両親の顔合わせを行います。 そして、ブライダルフェアなどに積極的に参加しながら会場を決め、日時、招待客の予定人数、仲人を決めます。


半年前から3ヶ月前

招待客をリストアップし、招待状を作ります。この時期はウェディングドレス、和装などの衣装を探しますが、同時に衣装に合った小物やヘアスタイルも決めておきましょう。そして、スピーチや余興、受付をしてくれる人を探し、依頼します。 この頃になると、披露宴の演出やプロフィール映像なども考えていきます。

3ヶ月前から1ヶ月前

会場の担当者や司会者との具体的な打ち合わせが始まります。招待状を発送したり、席次を考えます。 また、引出物の注文や、ウェディングボード・リングピローなどのブライダルアイテムの準備をします。 そして、二次会の準備も進めます。会場や幹事を決定したり、二次会用のちょっとしたギフトを購入しておきます。 謝辞を伝える時に渡す、両親への感謝のプレゼントも用意するといいでしょう。 高価なプレゼントでも良いですが、オリジナルの手作りしたアイテムも喜ばれます。

1か月以内

プログラムの最終決定やヘアメイクのリハーサル、最終的な衣装合わせ、料理や飲み物の最終決定をしたり、招待状の返信確認をしながら席次を決めます。 また、遠方からゲストが来るなら、宿泊場所の手配が必要になる場合もあります。

1週間前から前日

担当者や司会者との最終打ち合わせや当日のリハーサル、心付けやお車代の用意をします。 花婿はこの辺りまでに謝辞を考え、花嫁はエステなどに行ってシェービングを済ましておきます。